2004年11月28日

京ぽん to i-mode

 京ぽんは、もちろんDDI PocketをキャリアとするPHSです。Operaを搭載することで、パソコンと同じようにほとんどのWebページを閲覧することができます。
 ところが、実際にWebページを閲覧するには、ケータイモードのほうが快適だったりします。広いページを、カーソルを移動して見ていくよりも、画面サイズに合わせたページをスクロールして見ていくほうが、ずっと快適なのです。

 ところで、この京ぽんBlogを置いているSeeSaaでもそうですが、最近のブログでは、パソコン向けと携帯向けをユーザーエージェントで判断して、適するページに飛ばすところも増えてきました。SeeSaaなら、何も考えずにアクセスするだけで、京ぽん向けのケータイページを表示してくれます。

夕刊フジ そんなページのひとつに、夕刊フジBLOGがあります。随分前にケータイ版が始まったとアナウンスされましたが、同じURLに携帯でアクセスすると、携帯向けのページが表示されます。
 この携帯向けページを見ると、携帯用に太鉄さんのMT4iを利用しているのがわかります。MT4iは、Movable Typeで作成されているページを、携帯用に整形して表示してくれるCGIです。

 ところが、素直に京ぽんでアクセスすると、パソコン用のページが表示されてしまいます。Operaをケータイモードにしていても、パソコン用のページが表示されてしまう。
 MT4iは、CGIにアクセスすることで携帯用のページが表示されるのですが、同じURLでパソコンと携帯を振り分けるために、ユーザーエージェントを見て振り分けているようです。しかも、DoCoMoやEZWeb、vodafoneにしか対応していない。DDI Pocketには対応してないんですね。
 そういうページが、多い。3キャリアに対応すれば、ほとんどの携帯電話に対応している、と公言できるようです。まあ、実際そうなんだろうけど。で、そういうページ、つまり携帯対応といいながら、DDI Pocketには対応していないページが、あまりに多すぎる。

京ぽん to i-mode 京ぽん to i-mode経由の夕刊フジ

 そこで、CGIProxyを京ぽん向けにカスタマイズして設置してみました。京ぽん to i-modeです。
 このページにアクセスし、URL入力欄に夕刊フジのURLを記入して「Go」ボタンを押せば、京ぽんのユーザーエージェントがi-modeと同じ(かなり違いますが)になり、MT4iのCGIに飛んでくれます。これで京ぽんで夕刊フジのケータイ対応ページが閲覧できるようになりました。

 まったく同じように、他のi-mode対応ページも、この京ぽん to i-modeページ経由で閲覧できます。ケータイ対応といいながら、京ぽんで見られないページを閲覧したいときに、ご利用ください。ちなみに、パソコンでも閲覧できます。
posted by K_T at 01:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。