2006年02月08日

psShutXP [System]

 もうひとつ、なるべく早く入れておきたいのが、psShutXPというツールです。W-ZERO3の液晶画面を消灯したり、あるいはシャットダウンやソフトリセットなどが簡単に行なえるツールです。

 W-ZERO3のさまざまな設定を変更していくと、ときどきシステムのリセットが必要なときがあります。W-ZERO3をリセットするには、標準では電源を切り、裏蓋を外し、リセットスイッチを押して、といった面倒な操作が必要になります。
 こんなとき、タップ1発でリセットが行なえれば便利なはず。

 リセット用のツールはいくつかありますが、リセット以外にも便利に利用できるのがpsShutXPです。

 ppcsoft.narod.ruの英語ページにアクセスし、「XScale WM2003SE」のリンクをクリックして、VGA画面用のpsshutxp_eng.xscale.cabファイルをダウンロードしてインストールしましょう。
 ダウンロードされたCABファイルをminiSDカードなどにコピーして実行すると、インストールされます。

Click! インストールされたpsShutXPを起動すると、WindowsXPの終了画面のようなダイアログボックスがあらわれます。
 中央にボタンが3つあります。それぞれ次の機能となっています。


・Display Off……画面を消灯。
・Turn Off……終了。
・Reset……ソフトリセット。

 さらに、ダイアログボックス下には左からパスワード、リセットのスケジュール、Today画面にアイコンを表示する機能のボタンなどもあります。

Click! また、ダイアログボックス右上の、Windowsの旗をタップすると、ハードリセットが行なえます。

 なお、このpsShutXPはユーザーがスキンを作成したり、作成されているスキンをダウンロードして変更することもできます。


 スキンを変更するには、ppcsoft.narod.ruでスキンファイルをダウンロードして解凍し、あらわれたpsshutxp_skin_eng_vga.gif(英語版)またはpsshutxp_skin_rus_vga.gif(ロシア語版)と、psshutxp_skin_vga.gifファイルの2つのファイルを、psShutXPフォルダ(通常は \Program Files\psShutXP)にコピーしておきます。これでスキンが変更できます。

Click! 現在配布されているVGA画面用のスキンは2種類。デフォルトのスキンと合わせて3種類ですが、QVGA用でダイアログボックスが小さくなってもかまわなければ、いくつも楽しいスキンが配布されています。



psShutXP
【作者】ppcsoft.narod.ru
【DL先】ppcsoft.narod.ru
【種別】フリーウェア


posted by K_T at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | W-ZERO3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。