2004年12月31日

2004年の京ぽん

 京ぽんユーザーにとって、2004年の最大の出来事は、もちろん京ぽんの発売でした。

 その京ぽん、すでにあちこちで報道されているように、「読者が選ぶケータイ for the Year 2004(インプレス)」で堂々の1位となりました。
読者が選ぶ ケータイ of the Year 2004
2位と倍以上の差をつけて堂々の首位に輝いたのは、国内初のフルブラウザ搭載機となった京セラ製AirH"PHONE端末「AH-K3001V」でした。(ケータイWatch − 2004/12/27

 その後、フルブラウザを搭載した携帯や、携帯用サービスなども登場し、フルブラウザそのものは売りにならなくなってしまいましたが、料金や使い方など総合的に見ても、まだまだ京ぽんの優位性は揺るぎないのではないでしょうか。

 もちろん、2005年にはDDI Pocketから新しいサービスの登場が発表されており、また京ぽん2などの発売も予想されます。
 でも、この京ぽんと京ぽん人気によって、携帯やPHSの目指す方向が少し修正されたのではないかとも思います。京ぽんというのは、それほど携帯やPHS業界において、意義のあるものだったのではないかと思います。

 ともあれ、2004年も今日で終わります。本を買っていただいた読者の方、またこのブログを見ていただいた読者の方々に、お礼申し上げます。
 2005年も、面白い企画を考えて、役立つブログ、役立つ本を書いていきたいと思います。
posted by K_T at 16:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1442931

この記事へのトラックバック

携帯、モバイル
Excerpt: 携帯、モバイル専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。 ...
Weblog: ブログ村 トラックバック広場
Tracked: 2005-01-03 18:12

京ぽんに望む事
Excerpt: 先日、モバイルに有効なツールとして、京ぽんを紹介しました。 電話だけでもネットサーフィン出来て、PCにつなげば、PCからも ネットに接続できる優れものです。 これで、いくつか条件はありますが、定額4千..
Weblog: Next Bridge weblog by Chamu
Tracked: 2005-01-18 09:41

ニッポンで京ぽん
Excerpt: 携帯電話の圧倒的なシェア拡大で一時は死に体だったPHS陣営が最近また元気らしい。 きょう、一大決心をしてFOMAの最新型お財布携帯を買うつもりで出かけたのに、その前にたまたま書店で『京ぽんの本―京セラ..
Weblog: ALL STREET JOURNAL
Tracked: 2005-01-26 02:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。