2006年06月13日

WX300Kのファームアップデート

 WX300Kのファームウェアがバージョンアップされ、4xパケット方式に対応しました。

WILLCOM|「WX300K」のバージョンアップソフトウェアの公開について〜データ通信速度がさらに高速化〜

株式会社ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)および株式会社ウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、京セラ株式会社製音声端末「WX300K」の性能向上をはかるため、1xパケット方式から4xパケット方式へとデータ通信速度を向上させるバージョンアップソフトウェアが6月13日(火)より京セラホームページ上で公開されますのでお知らせいたします。これにより、「WX300K」をご利用のお客様は従来より約4倍の高速パケットデータ通信が可能になります。


 詳しくは、京セラのページからどうぞ。

 アップデータはパソコンでダウンロードし、USB経由でWX300Kに転送して更新できます。
posted by K_T at 23:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。