2007年01月24日

赤耳W-SIMのアップデート

 アルテル製のRX420AL、いわゆる「赤耳」W-SIMですが、ファームウェアがバージョンアップされました。
 バージョンアップ内容などは、アルテルのダウンロードページに掲載されていますが、次のようになっています。

株式会社アルテル カスタマーサポート  〜ダウンロード

■バージョンアップ内容<Ver1.01 → Ver1.02> NEW!
・ リモートロックの動作を改善しました。
 (My WILLCOM、各種設定変更メニューからのリモートロックに対応)
・位置情報算出の精度を改善しました。


 実際にダウンロードするためには、アルテルのダウンロードページにアクセスし、「Microsoft Windows Mobile (W-ZERO3(WS003SH/WS004SH) 、W-ZERO3 [es] (WS007SH))用」というファイルをダウンロード。ファイル名は「RX420AL-Ver1_02.CAB」でした。

 このファイルを、W-ZERO3[es]とパソコンを接続し、ActiveSyncでW-ZERO3[es]にコピーするか、またはminiSDカードなどにコピーし、W-ZERO3[es]で実行します。実行したら、プログラム画面から「W-SIM VersionUp Tool」のアイコンをタップして実行します。画面があらわれたら、バージョン情報を確認し、よければ[開始]をタップしましょう。
 これで赤耳W-SIMのファームウェアが、Ver.1.02にアップデートされます。

070123-1.jpg 070123-2.jpg


 なお、アップデートしたあとW-SIMのバージョンを調べるには、通話画面で右下の「メニュー」→「設定...」→「その他」→「W-SIM情報」と選択していくと、W-SIMのファームウェアのバージョンが確認できます。
posted by K_T at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | W-ZERO3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。