2005年05月28日

nPOP.cgiは使える

 現在、いくつかのメールアドレスに届くメールを、Forward Mail(シェアウェア)というメール転送プログラムを利用して京ぽんに送っています。
 これを利用すると、メールサーバにメールを読みにいかなくても、京ぽんですから自動的に京ぽんにメールが届きます。しかもほぼ全文。メールやインターネットをいくら使っても定額という、京ぽんならではのメリットです。

 ところが、こうして送られてくるメールのなかには、加入しているメーリングリストや、あちこちのメールマガジン、それにサイトやショップのお知らせメールだの、そしてSPAMだのがあります。
 定額ですから、いくら受信してもとくに気にはならないのですが、ウザい。そこで、メールマガジンやメーリングリストに届くメールは京ぽんには送らず、京ぽんから受信しにいく、という方法にしました。nPOPのCGI版、i-nPOPです。
 これは「i-mode版nPOP」と書かれているのですが、京ぽんでもまったく問題なく利用できました。CGI本体は、こちらに掲載されています。

npop1.jpg このCGIを落として、自宅サーバにインストール。CGIですから、CGIが利用できれば、プロバイダの領域にインストールしても大丈夫です。ほかにjcode.plmimer.plが必要になるので、こちらもダウンロードしてインストールしておきます。
 なお、とくにCGIの中身を変更しなくても、初期設定のままでとりあえず動作します。

 実際の使い方は、いたって簡単です。設定したCGIにアクセスするだけです。するとメールサーバやアカウントなどの設定ページが表示されます。
 すべての項目を記入し、「設定」ボタンを押すと、今度は簡易認証ページになりますから、設定したパスワードを記入して「一覧表示」ボタンを押せば、指定したサーバに届いているメールの一覧が表示され、読みたいものを選択して表示させることができます。


npop2.jpg 京ぽんの場合、POP3メールサーバを設定すれば、一般のPOP3メールを読みに行くこともできますが、このnPOPなら簡易Webメールのようなもの。メールもブラウザで読みたいが、Webメールに対応していないというなら、nPOPはお勧めのCGIです。

posted by K_T at 06:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。