2004年11月04日

SL-C3000とつなぐ

SHARP ザウルス SL-C3000 ひと足早くシャープさんから新ザウルス「SL-C-3000」をお借りできたので、京ぽんと接続してみました。
 新型とはいえ、ハードディスクが搭載されるなど、ハード的な変更はあるものの、ソフト的にはあまり変わっていませんので、これまでの方法で京ぽんと接続できるはず。というわけで、もっとも手軽なサン電子のi-CARD TYPE F1「CS64CF」で接続してみました。
CS64CF 使ったのは、次のものです。
 CS64CFをZaurusに認識させるためには、CS64CFのファームウェアをバージョンアップする必要があります。これはサン電子のダウンロードページからダウンロードし、Windows上でCS64CFをセットしてアップデートします。
 ファームウェアをバージョンアップしたら、CS64CFをZaurusのCFスロットに挿入。設定画面で「ネットワーク設定」を起動し、ダイヤルアップ接続の設定を行ないます。セットアップを指定すれば、挿入されているカードとして、CS64CFがちゃんと認識されます。

 あとは京ぽんを接続し、ダイヤルアップ接続を行なうだけ。接続されたら「インターネット NetFront v3.1」を起動してWebを閲覧したり、メールの送受信などが可能です。Windowsのようなトルネードがあるわけじゃないんで、ちょっと遅いのが不満ですが、というかだいぶ不満なんですが、SL-C3000でも簡単に京ぽんが利用できます。
9-2
9-3

 遅さに耐えられないときは、NetFrontのユーザーエージェントを変更してしまうのもいいでしょう。NetFrontのメニューから[ツール]→[ブラウザ設定]と指定し、設定画面で[その他]タブを指定。このなかの[拡張設定]ボタンをタッチすると、「ユーザーエージェント変更」という画面に変わりますから、チェックマークを付け、「Mozilla/3.0(DDIPOCKET;KYOCERA/AH-3001V/」と記入します。いちいち試してませんが、「DDIPOCKET;KYOCERA」あたりの文字が入っていればOKだと思います。

 こうしてユーザーエージェントを変更してNetFrontで接続すると、このブログ(SeeSaa)なら携帯用の画面で接続してくれますから、実に軽く閲覧できます。ま、それじゃ京ぽんだけで閲覧してもあんまり変わらないか。
posted by K_T at 07:23| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これで安心してC3000が購入できます。
いつもは京ぽんなんですが、ときどきZaurus使うので。
Posted by 京太郎 at 2004年11月14日 05:36
多分、問題ないと思ってますが、SL-C3000にあるUSB端子を使って京ぽんの充電はできますでしょうか? よろしくお願いします。
Posted by 欲ぽん at 2004年11月14日 07:09
SL-C3000+京ポン+skypeが実現したら楽しいんですけどね、出来ればUSB接続で。
「288のモデムでも接続できた」と言う噂も聞いているので、上手くいけば可能かも・・ 夢は新時代へw

PoketPC版のskypeは既にリリースされてる訳だけどPHS経由でskype出来た人居るのかな?・・
Posted by tower at 2004年11月14日 08:39
SL-C3000のUSB端子で、問題なく京ぽんが充電できているようです。充電マークが点滅しており、充電されているようなので問題ないと思います。
Posted by K_T at 2004年11月15日 02:47
K_Tatさん、貴重なご意見ありがとうございます。これで安心してザウルスを使っていくことができます。あとはザウルスの京ぽん用ドライバが何処かから出ればと大きな期待をして‥。
Posted by 欲ぽん at 2004年11月15日 12:18
ザウルスの京ポン用ドライバとは、カーネルのacm.oのパッチモジュールのことならば
自己責任利用を前提にしたものを公開しました。
何人か接続に成功しています。
詳しくは、
Linuxザウルス/SL-C3000 - SL-C3000の概要、情報へのリンクなどのメモです。
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%2fSL%2dC3000
コメント欄を参考にためしてみてください。。
ザウルスで以前使っている人なら接続できると思います。
Posted by moro at 2004年11月17日 14:22
moroさん
ドライバ入れてみました。書かれているのを参考にいろいろやってみたら、SL-C3000とUSBで接続した京ぽんで、ダイヤルアップできました。
す、すごい。ありがとうございます。

ちなみに、京ぽんとC3000との接続は、今日届いたばかりのPocketUSBホストケーブル(ポケットシステムズ)で行ないましたが、もう1本、Sigmarionと京ぽんを接続していたときに使っていたRSオンラインの437-0117でも大丈夫でした。
時間があれば、ドライバの設定と、ダイヤルアップの設定をまとめて、アップしておきます。本当にありがとうございます。
Posted by K_T at 2004年11月18日 18:57
Posted by at 2004年12月06日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

SL-C3000まとめページリンク集
Excerpt: ■[livedoor コンピュータ モバイル] Linuxザウルスにご招待 第1...
Weblog: なおっきのぶろぐ
Tracked: 2004-11-26 09:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。